2011年11月28日

エントモファガ・グリリ 〜虫の病気〜

 下の写真、チョット衝撃的ですね。上の2枚は今年9月に交野市のほしだ園地で撮影したものです。下の2枚は、同じく10月に千早赤阪村のちはや園地で撮影しました。

P9192289 (640x480).jpg


P9192288 (640x480).jpg


2011年10月9日採取 037.JPG


2011年10月9日採取 040.JPG


 一見すると、バッタがとまっているだけのように見えますが、実は死骸なんです。バッタが葉っぱの先まで登って、死んでいるんです。これは、“エントモファガ・グリリ”という“昆虫に病気を起こして殺す菌”に侵された姿です。

 このような菌類(昆虫病原菌)は数百種類あり、特に有名なのは冬虫夏草の仲間です。これは、いわゆる“虫を殺すきのこ”で、セミ、カメムシ、ハチなどから発生します。

 エントモファガ・グリリ(Entomophaga grylli)はバッタのみに寄生する菌で、冬虫夏草のようにきのこを作りませんが、野外で爆発的な流行を起こして、その個体群をほぼ絶滅させてしまうほどの強い影響力を持っており、ハエに寄生する“ハエカビ”もこの一種です。
 胞子は、ロケット弾のように発射され、皮膚を通して感染します。そして、感染したバッタなどの虫は草の先端に登って死亡するという奇妙な行動を起こします。これは高く登ることによって、遠くまで胞子を飛ばすためだと考えられています。
 以前、トノサマバッタが大発生したときに、エントモファガ・グリリによる流行病により大発生が収まったそうです。

 このように、昆虫病原菌は特定の生物が増えすぎないようにする役割を持っていると考えられています。この性質を利用して、「松枯れ」の原因であるマツ材線虫病を媒介するマツノマダラカミキリの成虫駆除に役立てる研究が行われており、その有効性が確認されています。

 それにしても、どうしてバッタが葉っぱの先に登ろうとするのか、不思議ですね。
posted by JPAちはやチーム | Comment(0)

2011年11月13日

ナミテントウ

 11月3日、ちはや園地でコバノガマズミが赤い実をつけていました。よく見るとテントウムシを発見。ナミテントウです。
 漢字で書くと“並天道”と書きます。天道はお天道様の天道、つまりテントウムシが飛び立つときに枝先にとまり、天へ向かって飛ぶように見える姿に由来するそうです。ナミは普通のという意味の“並”です。
 住宅地から山地まで、どこでもごく普通に見られ、成虫も幼虫も植物に付くアブラムシを食べてくれるので、うまく定着してくれれば農薬の変わりになる益虫です。
 「赤地に細かい黒紋」「黒地に大きな赤紋」「全体が黄赤色」など、模様にいろいろなバリエーションがあるテントウムシで、大きさはナナホシテントウとほぼ同じ位です。
 斑紋のタイプは主に紅型、二紋型、四紋型、斑型に別れ、それぞれの遺伝子が組み合わさることで、さらに複雑な模様になるそうです。写真は二紋型。西日本では、このタイプが一番多いそうです。
PB032478.JPG


PB032479.JPG
posted by JPAちはやチーム | Comment(0)

2011年10月30日

オオミズアオ

 8月のキャンプの時に写真の生き物を見つけました。調べてみるとオオミズアオという蛾でした。
 羽の大きさは10cm位あり、よく目立ちます。ヨーロッパでは美しい水色の羽を広げて月明かりの下を飛ぶ優美な姿から「月の女神」と呼ばれているそうです。
 ところで、蝶と蛾の違いは何でしょうか。図鑑によると、
(1)蝶の触覚の先は膨らんでいるが、蛾は膨らんでいない。
(2)蝶は昼間に飛ぶのに対し蛾は夜に飛ぶ。
(3)蛾の胴体はチョウに比べて太く、長い毛が生えている。
(4)蝶の羽は美しいが、蛾は汚い。
(5)蝶は羽をたたんでとまるが、蛾は広げてとまる。
などと書かれていますが、これらにはすべて例外があり、明確に区別はできないようです。
P8282234.JPG
posted by JPAちはやチーム | Comment(0)

2010年10月21日

ザトウムシ(座頭虫)

 クモのように見えますが、クモではありません。ザトウムシと言います。大きさは小豆大。クモと違って胴体と頭胸部の間にくびれがありません。目は1対で2つ。全体的にまるっこく、外見はなんとなくダニっぽくも見えます。
 異常なまでに脚が細長いので、動いているのを見るとなんとも奇妙な虫です。第2番目の歩脚が長く、これをつかって手探りをするかのように歩きます。だから「座頭虫」と言うそうです。

PA031380.JPG
posted by JPAちはやチーム | Comment(0)

2010年07月19日

アサギマダラのマーキングに挑戦!

 7/19(月)ちはや星と自然のミュージアムのイベント「アサギマダラのマーキングに挑戦!」のお手伝いに行ってきました。
 みなさん、アサギマダラってご存知ですか。アサギマダラはマダラチョウ科に属する前翅長40〜60mmの可憐なチョウで、春の北上,秋の南下を繰り返す「渡り」をするチョウとしても知られています。夏に日本本土で発生したアサギマダラは秋になると南西諸島や台湾まで南下、繁殖した子孫が春に北上し、日本本土に再び現れるという行動が明らかになっています。中には直線距離で1,500km以上移動した個体や、1日あたり200km以上の速さで移動した個体もあるそうです。
 マーキング(標識)とは、チョウの翅に「しるし」をつけることです。個体ごとに、決まったマーク(標識)をつけて放してやり、それがどこかで再捕獲されると、その個体の寿命や、移動分散の距離を知ることができます。マーキングは油性のフェルトペンで、翅に「しるし」をつけます。
 イベントでは、まず虫取り網でアサギマダラを採取し、写真のようにマーキングします。その後元気づけるために吸蜜させて、その後放蝶します。しばらく接すると慣れてしまうのか、放蝶してもしばらくは写真のようになかなか飛び立とうとしないものもいました。

P7191190.JPG


P7191198.JPG

マーキング中


P7191199.JPG

マーキングが済んで吸蜜中


P7191205.JPG

放してもなかなか離れようとしないアサギマダラ
posted by JPAちはやチーム | Comment(0)