2015年07月02日

自主研修(ハイキングA寺谷)

6月27日(土)、自主研修第2弾、金剛山寺谷コースハイキングを実施しました。

前日まで天気が悪く実施が危ぶまれましたが、当日は暑くなく、ちょっと雨にあったものの歩くのには不都合ない天気でした。

予定どおり、朝9時半ロープウェイ前バス停に集合し登山開始。
前回の研修で降りた細尾谷の少し下から寺谷に入ります。

この時期、寺谷はヤマアジサイがいっぱい。
1ヶ月前はよく聞こえていたタゴガエルの声はすっかり消えて、野鳥のさえずりはかなり上手になっており、季節の変化を感じます。

ajisai.jpg
ヤマアジサイ


オオルリ


沢沿いの道はいくつか小さい滝があり、マイナスイオンいっぱい。
途中に休憩できるベンチが数箇所設置されています。

taki1.jpg

taki2.jpg

benchi.jpg

nobori.jpg

nobori2.jpg

nobori3.jpg

buna.jpg


ゆっくり観察しながら2時間ほどで山頂の転法輪寺に到着。
昼食後、帰りは文殊尾根からババ谷コースを下りました。

sancho.jpg


参加したメンバーは、たくさんの花や樹木に出会い、道々木イチゴを口にして、何と贅沢な山行き。また、たくさん会話をして、自然観察とメンバー間の親睦を図り、有意義な研修となりました。

ichigo.jpg
ナガバモミジイチゴ


このコースはしっかり整備されていて、歩きやすく特に危険なところもありません。初心者対象のハイキングコースとして適していることがわかりました。

当日観察できた主なものは下記のとおり。

【野草】
ドクダミ
カラスウリ
キツリフネ
マムシグサ
ギンリョウソウ
ベンケイソウ
ニガイチゴ
ウワバミソウ
アキノキリンソウ
ササユリ
イワガラミ
トウバニンジン
ミヤマタニソバ
ユキノシタ
オカトラノオ

【樹木】
ヤマアジサイ(花)
マタタビ(花)
サルナシ(花)
ニワトコ(実)
ウコギ
ナガバモミジイチゴ(実)
ハナイカダ(実)

【野鳥・その他】
カケス(V、C)
アオゲラ(V、C)
ミソサザイ(V、S)
ウグイス(S)
オオルリ(S)
キジバト(V、C)
ヒガラ(S)
メジロ(S)
シジュウカラ(S)
エゾハルゼミ(C)

  ※(V):目撃  (S):さえずり  (C):その他鳴き声

niwatoko.jpg
ニワトコ


karasuuri.jpg
カラスウリ


hanaikada.jpg
ハナイカダ


ginryo.jpg
ギンリョウソウ


yukinosita.jpg
ユキノシタ


tanisoba.jpg
ミヤマタニソバ


kakesu.jpg
カケス


アオゲラ


エゾハルゼミ
posted by JPAちはやチーム | Comment(0)

2015年05月24日

自主研修(ハイキング@カトラ谷)

5月23日(土)ちはやチームのメンバーにより、秋の紅葉ハイキングの下見(コース選定)と自然観察を兼ねて自主研修を実施しました。

当日は曇天で時折晴れ間が見える天気。比較的涼しくさわやかな一日でした。
今回は金剛登山口からカトラ谷ルートを登り、帰りは寺谷ルートを降りる計画です。

朝9時半集合で、ストレッチの後出発。自然観察をしながら、コースの状況や携帯電話の受信状況、所要時間などを確認しました。

やはり携帯電話の電波は林道から離れるとほぼ圏外になってしまいます。今回はほとんど谷筋のコースで、歩き始めからミソサザイの美しい声が響きます。


ミソサザイのさえずり


また、時折地中からケロケロやグーグーと良く響く蛙の声が...。ケロケロはどうもシュレーゲルアオガエルのようです。


シュレーゲルアオガエルの声


しかしどこにいるのか姿は見えず、気になりながらも先に進みました。

P5233890.jpg

ミヤマナルコユリ


林道を離れてカトラ谷に入ると、沢沿いに歩くコース。いくつかの滝もあり涼しくて快適で楽しいコースですが、すべりやすいところや梯子がかけられているところなどもあるので、ある程度の経験者向きか...?しかし、柴犬を連れて山頂まで登ったハイカーも...。

DSC_1340.jpg

(カトラ谷)沢沿いの楽しい道。左上に梯子が見えます。


ハイキング中は途中何度も立ち止まり、自然観察。
図鑑を取り出してじっくり観察するので、なかなか前に進みませ〜ん。

P5233897.jpg

オウギカズラ


P5233899.jpg

ウワバミソウ


この時期このコースはニリンソウのお花畑が見られますが、少し時期が遅かったかも?と話していると。上から降りてきたハイカーから「クリンソウが綺麗に咲いていますよ」との情報が...。

話には聞いていましたが、まだその場所を確認したことがありません。教えてもらったとおり進むと、目の前にクリンソウの群落が飛び込んできました。 
参加メンバーからは「うわ、ほんまやー、いっぱい咲いてる〜」と歓喜の声が...。本日のメインデッシュになりました。

DSC_1346.jpg

クリンソウの群落


その後急斜面を直登し、12時前に山頂に到着。

P5233906.jpg


P5233929.jpg

転法輪寺内のニリンソウ


P5233928.jpg

転法輪寺内のハナカイドウ


昼食後、下りは予定してた寺谷の入り口がわからず、シルバーコースと書かれた道標を頼りに細尾谷を下りました。

これまた沢沿いの道で、石がゴロゴロしていてあまり歩きやすいコースではありません。これがシルバーコース?

P5233931.jpg

クルマムグラ


DSC_1371.jpg

ヒメレンゲ


この道でもまた、ミソサザイやオオルリの美しいさえずりが聞こえました。
さらに、登りのときから気になっていたグーグーという例の蛙の声が聞こえます。



立ち止まってゆっくり探して、ようやく姿を確認。
一旦捕獲して、じっくり観察させてもらいました。

手のひらより少し小さいサイズ。周りの落葉の色に同化して一見では発見できません。
これも生きるための知恵なのか〜。自然の不思議発見!

P5233933.jpg

タゴガエル(落葉と同じような色です)


調べてみると「タゴガエル」であることがわかりました。
もちろん、観察後は元の場所に放してあげました。

それからしばらく下って細尾谷から念仏坂に合流したところでは、美しく鳴いていたミソサザイの姿を確認できました。


下山後の振り返りでは、
・魅力のあるコースであることは間違いないが、安全管理面が問題。
・募集方法などを検討すれば、実施可能かもしれない。
・いろんなものが観察できてよかった。
などの声があがりました。


観察できた主なものは下記の通り。
【野草】
・トキワハゼ
・カキドオシ
・ムラサキサギゴケ
・オウギカズラ
・クリンソウ
・ツルニチニチソウ
・ニリンソウ
・フタリシズカ
・エビネラン
・ユキザサ
・クルマムグラ
・タニギキョウ
・ミヤマナルコユリ
・ウワバミソウ
・ヤマブキソウ
・ヒメレンゲ
・ツルカノコソウ
・クジャクシダ
・バイケイソウ

【樹木】
・ヤブデマリ
・キンギョツバキ
・ヒメコウゾ
・ハナカイドウ
・ウツギ
・キブシ

【野鳥・その他】
・ミソサザイ(V・S)
・オオルリ(S)
・ウグイス(S)
・シジュウカラ(S)
・ヒガラ(S)
・センダイムシクイ(S)
・ツツドリ(S)
・メジロ(S)
・ホトトギス(S)
・タゴガエル(V・C)
・シュレーゲルアオガエル(C)

  ※(V):目撃  (S):さえずり  (C):その他鳴き声
posted by JPAちはやチーム | Comment(1)

2015年04月26日

竹トンボ作り(2015-04-26)

4月26日(日)春まつりクラフト「My竹トンボ作り」を実施しました。
当日は雲ひとつ無い快晴。会場のピクニック広場では、恒例の「山の春まつり」が開催され、「ふるまい芋煮」や森の音楽隊によるオカリナ演奏、石窯ピザ作り体験など各種の催しが行なわれました。我々JPAは森のクラフトとして「竹トンボ作り」を実施しました。

天候にも恵まれ。イベント開始時から予約が殺到し、約90名方が参加してくださいました。
満席状態で、順番待ちになりました。

P4263870.jpg

天候にも恵まれて大盛況!




まず、スタッフが注意事項を説明し、あらかじめ適当なサイズにカットされた材料を翼の形に削り出します。

P4263859.jpg

先ずはスタッフによる注意事項説明



羽をひたすら削ります


これが結構大変な作業。子どもだけの力ではちょっと難しく、ここでお父さん、お母さんの出番です。

P4263869.jpg

頑張るお父さん


P4263868.jpg

頑張るお母さん


「竹トンボ作りは初めて」「久しぶりに作ります」という方が多く、童心に返って真剣に作業され、最初はお子さんの竹トンボであったはずが、いつの間にか「俺の作品」となってきます。

羽の削り出しが完成したら、中央穴を空けて削ったおいた棒を差し込みちゃんと飛ぶかどうかテストします。



羽の削りだしのバランスが悪いと上手く飛びません。

テストが終わればサンドペーパーで仕上げて、最後にオリジナルのペインティングを施し、「My竹トンボ」のできあがり。

P4263883.jpg

ペインティング中


P4263881.jpg


次回のクラフトは7月26日(日)の夏まつりで開催する予定です。
皆さん是非ご参加ください。

posted by JPAちはやチーム | Comment(0)